FAQ

よくあるご質問

制度について

全国旅行支援とは何でしょうか?

全国を対象とした「観光需要喚起策」のことです。国が地域観光をより一層強力に支援するため、地域観光事業支援における需要創出支援として補助対象事業者である各都道府県に国の財政支援をし、滋賀県が実施する事業です。

早く終了することはありますか?

感染状況等により事業が停止したり、滋賀県の事情・判断で新規予約の受付を停止、また事業を終了することがあります。

補助の対象者は誰ですか

旅行当日に次の要件を満たすことが必要です。

      日本国内に居住していること。
      ワクチン3回接種済み、又はPCR検査・抗体検査等の結果が陰性であることを確認できる書類の提示。

【滋賀県は原則、宿泊施設チェックイン時に宿泊確認書をご提出いただきます。また、旅行会社にて予約時は補助金適用の為の同意確認書をご提出ください】

事業開始前に予約済みの旅行は補助対象となりますか?

補助対象の条件を満たしていれば原則として対象になりますが、事業開始後に各旅行の諸条件や各旅行会社、各宿泊施設の事情等により対象外となる場合があります。
そのため、お申し込みの旅行会社または宿泊施設にご相談をお願いします。
ご旅行には本人および居住地の確認できる書類、ワクチン接種歴または検査結果が陰性であることを証明する書類、宿泊者確認書を必ずご持参ください。

最低旅行代金って何ですか?

旅行代金の平均値が下記を下回る商品は補助の対象外です。

  • 平日
    5,000円(一人1泊あたり)
  • 休日
    2,000円(一人1泊あたり)
  • 日帰り旅行も上記下限料金を適用。

詳しくはお申込みの旅行会社にご確認ください。

日本国籍です。海外在住ですが一時帰国で日本滞在中です。利用できますか?

日本国籍であっても日本に居住実態がない方は対象外です。

外国籍ですが対象になりますか?

日本国内に居住していれば対象となります。居住地とワクチン接種歴等が確認できる書類を旅行当日ご提示ください。
コチラのFAQに記載の書類がご用意できない場合は下記書類をご提示ください。

  • 外国人登録証明書
補助対象の旅行代金は消費税込みの代金ですか?

消費税込みの旅行代金から補助金の算出をします。

入湯税や宿泊税も対象になりますか?

現地払いの場合は対象外です。

子供や幼児も補助対象ですか?

子供も無料の乳幼児も1名としてカウントできます。詳しくはお申込みの旅行会社、宿泊施設にお問い合わせください。

大人と子供の料金が違う場合、補助はどうなりますか?

原則旅行代金総額から補助金額を算出します。詳しくはお申込みの旅行会社にご確認ください。

自分で手配した宿泊と旅行会社で申込む旅行と合わせて補助してもらえますか?

合算して補助申請をすることはできません。

補助金の端数の処理はどうなりますか?

事業者により違う場合がありますので、お申込みの旅行業者または宿泊施設にご確認ください。

何泊でも利用できますか?

1旅行につき7泊までになります。

旅行会社の割引クーポンは使えますか?

旅行業者により取扱方が違いますので、お申込みの旅行会社にご確認ください。

旅行代金に旅行会社のポイントは使えますか?

ご自身で保有されているポイント等でのお支払いは可能です。

全国旅行支援以外の自治体の補助制度は併用できますか?

全国旅行支援の補助制度適用後にそれ以外の補助制度を利用することはきません。それ以外の補助制度を利用後の旅行代金に対して全国旅行支援の補助制度を適用することは可能です。ただし、全国旅行支援適用のための旅行代金が下限値を下回った場合は補助対象外となります。詳しくはお申込みの旅行会社でご確認ください。

旅行開始後に日程を短縮して帰宅した場合はどうなりますか?

お申込みの旅行会社または宿泊施設にお問合せください。補助金は実際に参加、宿泊された行程にのみ適用となりますので、旅程変更後補助の対象外となる場合もあります。また、受け取った地域クーポン券のうち、取消された宿泊日以降の分については宿泊施設にご返却ください。

複数人で旅行(宿泊)したいが事業停止中の都道府県民がいても大丈夫ですか?

旅行会社・宿泊施設により取扱方が違います。お申込みの旅行会社・宿泊施設にご確認ください。

補助対象の宿泊施設を知りたい

本事業ホームページの宿泊施設検索でご確認ください。

宿泊確認書は事前にダウンロード・記入して持参しないといけないですか?

事前にダウンロード・ご記入のうえ、チェックイン時に宿泊施設にご提出いただくようお願いします。事前のご用意が難しい場合は宿泊施設にその旨、ご連絡ください。

発熱で体調がすぐれないため、またはコロナウイルス感染のため、キャンセルをしたいのですが、キャンセル料はかかりますか?

通常の旅行規約に則ってキャンセル料は発生します。キャンセル料は補助適用前の旅行代金にたいして発生します。

チェックイン時の検温で発熱があるため宿泊できなかったのですが、宿泊代金・キャンセル料はどうなりますか?

通常の旅行規約に則ってキャンセル料は発生します。キャンセル料は補助適用前の旅行代金にたいして発生します。

本人確認・居住地確認は無料の乳幼児も必要ですか?

確認が必要ですので所定の本人確認書類をご携帯ください。

予約済の旅行を補助対象にするために取り直しをしようとしたら取消料がかかると言われました。取消料は無料になりませんか?

約款等規定通りの取消料がかかる場合はお客様のご負担になります。

予約をしたいホテルにプランがないのですが?

宿泊施設が参画されていない可能性があります。
参画しているかはホームページの宿泊施設検索にてご確認ください。

福利厚生の補助とは併用できますか?

お勤め先の福利厚生宿泊補助等は併用可能です。

会社の出張でも補助されますか?

補助対象となります。

公務員の出張旅行は対象になりますか?

公費によるものは補助対象外です。

旅程の中に参画していない宿泊施設が含まれた場合、補助は受けられますか?

お申込みの旅行会社にご確認ください(旅行会社によって全行程が補助対象外となる場合があります。)。

本人確認について

本人確認・居住地確認は必要ですか?

本事業を利用する場合は必ず必要となります。旅行当日に確認ができる書類をご提示ください。

日本に居住していることはどのように確認するのですか

旅行当日に、旅行者全員分の本人確認と居住地が確認できる書類(下記のいずれか・原本のみコピー不可)を必ずご持参ください(※証明する物をご提示いただけない場合は、補助対象外となります。)。

居住地が確認できる書類(有効期限内のもの)

マイナンバーカード、運転免許証、運転経歴証明書、旅券(パスポート)、在留カード、特別永住者証明書、海技免状等国家資格を有することを証明する書類、障害者手帳等福祉手帳、船員手帳、戦傷病者手帳、国または地方公共団体の機関が発行した身分証明書

健康保険等被保険者証、介護保険被保険者証、年金手帳、年金証書

学生証、会社の身分証明書、公の機関が発行した資格証明書

※中学生以下の旅行者であって上記書類がそろわない場合は、本人の健康保険証と法定代理人の本人確認書類(運転免許証、旅券等)で代用可能です。また、法定代理人が同行していない場合、法定代理人の本人確認書類はコピーで構いません。

上記の確認書類に現住所の記載がない場合、および記載されている住所と現住所が異なる場合は、本人確認書類とは別途次の補助書類等もご用意ください。

居住地確認 補助書類

公共料金の領収書(電気・ガス・水道など)、国税または地方税の領収書または納税証明書、社会保険料の領収書、 住民票の写し(個人番号の記載がなく、発行後3か月以内のもの)、賃貸借契約書

本人確認書類・居住地確認書類はいつ提示しますか?

旅行当日、宿泊施設にて行います。日帰り旅行の場合はご集合時に添乗員または受付係員が行います。確認できる書類を必ずご携帯ください。

公的な身分証明書を持っていません。居住地や本人の確認は郵便物でも良いですか?

本人確認は郵便物では行えません。コチラのFAQに記載の書類を必ずご用意ください。居住地確認書類は下記補助書類をご用意ください。

居住地確認 補助書類(原本のみ・コピー不可)

公共料金の領収書(電気・ガス・水道など)、国税または地方税の領収書または納税証明書、社会保険料の領収書、 住民票の写し(個人番号の記載がなく、発行後3か月以内のもの)、賃貸借契約書

旅行当日、本人確認や居住地が確認できる書類を忘れた場合、どうなりますか?

ご提示いただけない場合は、補助対象外となります。必ず全員分の本人および居住地が確認できる書類をご持参ください。また、旅行商品によっては旅行参加自体ができない場合もあります。その場合は規定の取消料が発生します。お申込みの旅行会社にご確認ください。

通称(旧姓)で予約しましたが、本人確認書類は新姓です。どうしたらいいですか?

予約記録は本人確認書類と氏名と一致しないと補助の対象になりませんが、同一人物である証明書があれば補助対象となります。できるだけ、本人確認書類記載の氏名でお申込みください。

複数人で利用する場合、本人確認・居住地確認書類は代表者の書類だけの提示で良いですか?

旅行者全員分の本人および居住地の確認できる書類(原本・コピー不可)が必要です。旅行にも全員が必ずご携帯ください。

乳幼児など本人確認書類の提示が難しい場合はどうしたら良いですか?

中学生以下の場合はご本人の健康保険証(原本)と法定代理人(親権者)の本人確認書類をご提示ください。親権者が同行しない場合は親権者の本人確認書類はコピーで構いません。

ワクチンについて

ワクチン接種は何回から対象ですか?

3回接種済であることが条件になります。

ワクチン接種歴等の証明は原本が必要ですか?

原本でなくてもアプリやメール等の電子的なワクチン接種証明、原本を撮影したコピー、画像でも有効です。

子供が未接種です。陰性であることの確認は必要ですか?

12歳未満のお子様は保護者(同居する監護者)が同伴の場合はワクチン接種歴や陰性であることの確認は不要です。

  • 保護者が同居していない場合や同居していても祖父母の場合は必要になります。
ワクチンを3回接種していない場合は対象外ですか?

PCR検査や抗原定性検査等で陰性が確認できれば対象となります。また、各検査には有効期限があります。

ドラッグストア等で市販のキットを使い、自分で検査を実施した結果も陰性証明として使用できますか?

市販のキットでの検査結果は対象外です。
PCR検査、抗原検査等については居住している都道府県の検査事業情報等をご自身にてお確かめください。

陰性の検査結果の有効期限が旅行開始日までしかありません。宿泊する期間中に再度検査を受ける必要がありますか?

旅行開始日に有効であることが確認できれば追加の検査は不要です。宿泊施設が変わる場合は1泊目で確認済であれば補助対象となります。但し、1泊目宿泊施設の領収書、日程表等の初泊ではないことの証明書類の提示が必要となります。

陰性の検査結果の有効期限は?

PCR検査・抗原定量検査は検査日+3日間、抗原定性検査は検査日+1日間が有効期間です。

12歳の子供ですが、ワクチンは3回目が未接種です。どうしたらいいですか?

ご旅行までに接種できない場合は旅行当日にPCR検査または抗原検査で陰性であることが確認できる書類をご用意ください。

12歳未満のワクチン未接種の子どもと旅行する場合、同居していなくても一緒に旅行する保護者のワクチン接種証明があれば、子どもの証明は不要ですか。

同居する保護者(監護者)が同伴の場合は、ワクチン接種歴や陰性証明は不要ですが、同居していない場合にはお子様の陰性であることの確認ができる書類の提出が必要となります。
例:単身赴任の父と子など

ワクチンの接種をしていません。滋賀県内は2泊目になり、抗原定性検査の有効期限が旅行中に切れます。補助の対象になりますか。

旅行開始日に有効であることが確認できれば追加の検査は不要です。宿泊施設が変わる場合は1泊目で確認済であれば有効期限切れでも補助対象となります。但し、1泊目宿泊施設の領収書、日程表等の初泊ではないことの証明書類の提示が必要となります。

グループの一部の者がワクチン接種歴や陰性証明が取れない場合はどうなりますか?

旅行会社、宿泊施設により対応が違います。お申込みの旅行会社・宿泊施設にご確認ください。

地域クーポン券について

地域クーポン券はどこでもらえますか?

宿泊施設チェックイン時(または宿泊施設によりチェックアウト時)にその宿泊施設に宿泊数分お渡しします。※日帰り旅行では配布しません。

地域クーポン券はどこで利用できますか?

滋賀県内の約670箇所以上の取扱箇所・店舗で御利用いただけます。詳しくはホームページのクーポン加盟店検索でご確認ください。
※諸事情で取扱箇所・店舗は変更になる場合があります。

地域クーポン券は近隣他県でも使えますか?

滋賀県以外では利用できません。

地域クーポン券を宿泊代金として利用できますか?

宿泊代金としてご利用出来ません。

地域クーポン券はいつまで使えますか?

発行日を含めて3日間です。

おつりは出ますか?

おつりは出ませんが、現金などを追加してのお支払は可能です。

現金化出来ますか?

現金との引き換え出来ません。

返金、払い戻しは出来ますか?

いかなる場合も返金、払い戻しは出来ません。

紛失の場合、再発行可能ですか?

再発行は出来ません。

キャンセル料に利用出来ますか?

ご利用出来ません。

宿泊施設の売店や食事代等に利用出来ますか?

宿泊施設により異なります。詳しくは各宿泊施設にお問い合わせください。

  • 当日の夕食(追加料理や飲み物を含む)・翌日の朝食にはご利用頂けません。
なぜホテルでの食事代には使えないのですか?

滋賀県内ご滞在中、先々の観光施設等でご利用いただきたいことからご使用いただけません。
何とぞご理解下さい。

旅行を取り消した場合、地域クーポン券は使えますか?

旅行取消しの場合は地域クーポン券をご返却ください。

背景

本件に関するお問い合わせ

利用者の方はこちら

電話番号 電話番号
0570-200-368
【受付時間】
10:00~17:00
  • 土日祝および12月29日~1月3日は受付時間外です。
メール メール
customer●tabishiga.com

メールの場合は上記アドレスまでお送りください。

  • アドレス内の「」を「@」に変更しお送りください。

事業者の方はこちら

電話番号 電話番号
0570-666-587
【受付時間】
10:00~17:00
  • 土日祝および12月29日~1月3日は受付時間外です。
メール メール
jigyousya●tabishiga.com

メールの場合は上記アドレスまでお送りください。

  • アドレス内の「」を「@」に変更しお送りください。